証券会社の離職率

証券会社求人TOP >> 証券会社に関するコラム >> 離職率

証券会社の離職率

どのくらいの頻度で離職するのか

他の会社に比べると離職率は高い方業種になります。私がいた会社では、25%でした。 4年で入れ替わりが起こるという事になります。新卒で入った場合、2〜3年で辞める人がほとんどですので、定年まで同じ会社に勤めている人は、まれです。また、景気に左右される所が多いので、景気が悪くなったりして証券会社の収益が落ちてくるとリストラなどの対象になり、やむなく離職する人もいます。そういうこともあり 離職率は、高めになっています。

離職率が高い原因とは

原因としては、常に高い結果を求められるため、そのプレッシャーなどで新卒で入っても2.3年で辞めてしまう人が多かったり、新卒ではいった最初の仕事は、新規開拓になります。お客様に口座を開いて取引をしてもらう事です。新規開拓の仕事は、飛び込みや電話での営業などになります。そこでツライ思いをする事も多く、精神的につらくなってやめてしまうという事も多いようです。

また、景気により浮き沈みがあるので、リストラなども起こりやすい為に離職率が高くなっているようです。しかし、専門性が問われたり、経験を重視している証券会社が多いということ、景気がもどれば募集をする為、転職しても同業種をえらぶ事が多い職業です。中には、業界を転々としている人もいます。また、そういった転職ができる業界でもありますが、今後は、転職を重ねる事が厳しくなってくるかもしれません。

今後の離職率

証券業界だけでないかもしれませんが、様々な業界で競争が激化しています。特に証券業界は、生き残りをかけて顧客の取り込みに新しい施策を打ち出しています。銀行系証券会社などは、銀行と提携サービスを行うなど新しい改革などを取り組みはじめています。

今までの証券の営業では、生き残れないと考えている証券会社が多くなってきているからです。今後は、離職率の高い原因になっている営業のスタイルが変わっていく事や今ある証券会社が淘汰されていくので、当面は離職率は高いままとなりますが、その後は、落ち着いてくるのではないかと思います。

証券会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 証券会社転職サイトランキング【※狙え高収入の転職!】 All Rights Reserved.