証券会社の将来性

証券会社求人TOP >> 証券会社に関するコラム >> 将来性

証券会社の将来性

証券会社の現状

証券会社をとりまく状況は厳しくなってきています。まず、IT化がすすみ、ネット証券などが台頭してきたという事や外資系証券会社の参入での新規参入に伴う同業者の競争激化があります。また、だいぶ昔の話になりますが、株式手数料の自由化に伴い、他証券との手数料値下げ競争がおこりました。その為、株式取引などの手数料収入が少なくなってきている上、日本の人口減少の伴う取引参加者の減少などが、証券会社の収益を減少させています。また、リーマンショックなどの金融危機があった為、そのような金融危機などを未然に防ぐ為に金融規制が厳しくなってきています。

証券会社に求められている事

証券会社は、あまり日本ではなじみがないという事こともあり、今の投資家のほとんどが50代以上の高齢者です。もともと株式投資は、高齢者や一部の富裕層に限られた取引でしたが、今後日本の人口減少や核家族などで、若い人に投資を浸透させて投資の裾野を広げていく必要があります。去年から始まったNISAも若い人たちに投資の機会などを提供する為につくられた制度ですが、まだまだ若い人には、浸透していないようです。今後 顧客の年代層を広げることが課題となっています。

証券会社の今後

そういった状況も踏まえてか最近の証券会社などの取り組みとして、銀行系の証券会社は、銀行とのサービスを連携させてより使いやすさを強調したり、銀行の顧客、証券の顧客のシナジーを高めようとしている狙いもあるようです。ネット証券などは、人件費、店舗の負担がないので、多様なサービスや様々な商品などを展開して、若者や女性にも顧客を拡大しようとしています。ネットになれた世代に使いやすさ、親しみやすさなどをアピールしています。証券会社を取り巻く環境は厳しいという事や将来性についても不透明な所がありますが、金融業務自体はなくなる事がないので、専門性や営業力を見つければ十分この業界で働いていく事ができます。

また、ここ最近では、「貯蓄から投資へ」の流れや年金などの運用に株式の比率を高めるなど、証券会社にとってはよいニュースですがあります。ただ、証券会社個別で見た場合、顧客に会社を選別されていくという傾向になってくる為、生き残ることが難しくなってきている証券会社もあると思います。

現に、税制改正などや取引所のサービスなどが変更になった場合、システム改修が必要になり、多大な費用がかかるため、中小証券会社などは、体力がもたず廃業をせざるを得ないという状況になっている所もあります。

証券会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 証券会社転職サイトランキング【※狙え高収入の転職!】 All Rights Reserved.