証券会社の仕事内容

証券会社求人TOP >> 証券会社の転職の基礎 >> 証券会社の仕事内容

証券会社の仕事内容

営業マンの場合

証券会社は、一般的に朝が早いです。というのも日本証券取引所が9時から取引開始になりますが、8時には、売り買いの動向が見られる為、(業界用語では気配と呼んでいます。)、8時にはすでに業務を開始しているところが多いです。

もちろん、業務が8時からといってもぎりぎりに来る人は、まずほとんどいません。会社によっては朝礼があります。朝礼の時に、新聞の読み合わせや、今日の動向や取引所で規制がある銘柄などの注意事項などの確認がある場合もあります。

証券会社にはいったら、日本経済新聞を読むことが必須になります。すでにビジネスマンの方であれば購読している人も多いかもしれません。今は、ネットなどの検索で情報をつかめることも多いですが、やはり利用する大半が高齢者なので、日経が話の話題になる事もあり、日経は活用できます。

お客様の資産の確認や注文状況を把握したり、商品などの在庫を確認しながら電話をかけてアポイントをとったり、アポイントを取っているお客様の所へ訪問にいったりします。 月末になると予算との兼ね合いで、購入していただくお客様を探す為に電話をかけたり、訪問のアポイントをとってご自宅へ伺ったりする事があります。新人の場合は、新規開拓で、電話や訪問などもあるかもしれません。

電話で注文をきいてだしたり、期日が来る商品や新しい商品がある場合なども案内しないといけないので、常に情報をアップデートしておく必要があります。 お客様の取引の希望を確認し、その取引に応じた商品などを用意する必要があります。つまり、安定的な運用を目的としているのに、先物取引や複雑な商品などをすすめてはいけないという事です。

マーケティング、企画営業

日々の日報づくりから始まります。口座開設数や資料請求数などを確認したり、営業部の各商品の営業成績等や新しい商品の導入についてや、商品のとりまとめ窓口になったりする事もあります。また広告につかうチラシなどの設定やキャンペーンなどのプロモーションを役員等とやりとりして構成などをきめていく業務です。ルーティンワークで数字を追っていく地味な仕事にはなりますが、投信会社から運用担当者を招いて、社内勉強会をひらいたり、お客様向けのイベントを企画したりする事もあります。

業務部

証券会社では、バック業務と呼ばれるところです。新規の口座開設の登録をおこなったり、 各種お客様の登録状況を変更したりする業務があります。また、証券会社で株の移管の手続きの処理や株式や投資信託など管理、お客様からの入出金の手続き業務もこのバック業務と呼ばれている所でおこなわれています。日々のルーティンワークを行う場所ですが、お客様の数が増えたり、取引がふえてくると特に忙しくなるのがここの部署です。

証券会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 証券会社転職サイトランキング【※狙え高収入の転職!】 All Rights Reserved.