証券会社の転職と資格

証券会社求人TOP >> 証券会社の転職の基礎 >> 証券会社の転職と資格

証券会社の転職と資格

同業種からの転職の場合

国内と外資で多少は異なるかもしれませんが、同業種で、職種も変わらない場合はほぼやる仕事はかわらないと考えてよいと思います。変わるのは、会社名と扱う商品の種類などだと思います。また、多少レバレッジ取引などは、会社によってルールなども異なるのですが、基本はかわらないので、その会社の雰囲気に合えば仕事はしやすいと思います。 実際に、証券会社同士の転職は、よくある事で転職した先で前の会社の人がいたとか、行業界内は狭い関係になっています。

異業種から転職の場合

金融といっても銀行や保険、ノンバンクとも少し異なる場合が多いようです。証券業界になじめるかどうか、証券用語など独特な事もあるので、違和感を覚える人は業界に合わないかもしれません。また、証券は動くので変化が激しいです。激務や残業等にも耐えられる人でないと難しいかもしれません。また、異業種からの場合、証券のルールなども覚える必要があり、転職した後は、しばらく勉強する必要があるため大変だと思います。

資格

証券業務に従事するにあたって、証券外務員は必須となります。この外務員なしに、お客様に商品を案内して注文を受ける事が証券取引法で禁じられているからです。外務員は、5年更新で、5年ごとに更新です。運転免許証みたいなものなので、更新時は、いくら仕事が忙しくても最優先で取りに行かせてもらえます。

外務員には、1種と2種があり、違いは、商品の取り扱いが異なります。1種は、レバレッジ取引といわれる。信用取引、先物・オプションなども取扱いができるようになります。 今までは、2種をとらないと1種は取得できませんでしたが、現在では、1.2種共に同時に取得できるテストがあります。 外務員は、営業や仕事をする為に必要なものなので、ある一定基準7割みたせば全員合格します。

他にもっているとよいとされるのが、証券アナリストやファイナンシャルプランナー協会のファイナンシャルプランニング技能士(通称FP)といわれているものです。FPをもっていると証券業界だけでなく、銀行や保険などでも有利になる場合があります。証券アナリストの保持者だとアナリストの道も可能性があったり、別の業務についても力を発揮できそうです。 外務員は、営業には必須ですが、営業と関係のない総務や人事、経理などは持っていなくてもよいとされています。会社によっては、必須の所もありますので、どちらにしても持っておくに越した事はないといえます。

証券会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 証券会社転職サイトランキング【※狙え高収入の転職!】 All Rights Reserved.