証券会社の転職と転勤

証券会社求人TOP >> 証券会社の転職の基礎 >> 証券会社の転職と転勤

証券会社の転職と転勤

金融業界で働く人にとって、転勤は避けて通れないと言われています。証券会社でも他の金融業界と同じように、頻繁に転勤がある業界です。しかし、職種によって転勤事情が異なるのも証券会社の一つの特徴となっています。

基本的に総合職として採用された場合には、転勤があります。全国もしくは海外にも支店があるような大手証券会社であるならば、全国や海外赴任も覚悟しておくことが必要でしょう。地域型社員やコミッション型社員であれば、転勤は殆どありません。金融業界では地域や個人・法人のお客様との癒着を防ぐために、基本的には3年程度で転勤になることがほとんどです。そのため、転勤をしてもその土地でマイホームを購入する人も少ないでしょう。社宅か、住宅補助を支給されて比較的良い物件を借りる人が多く見られます。

地方支店で勤務している場合、本社への転勤を希望する人が多いですが、最初に個人向けの営業職として支店業務に就いた場合、余程の好成績を残し続けなければ本社異動は難しいでしょう。営業成績が毎年上位3位以内であるなどの成績です。もしくは、他には余りない学歴やスキルを持っていることが必要になります。例えば、大学院まで進み金融工学について学んだ学歴や、幼少期から海外で生活し英語力がネイティブレベルであるなどのスキルがあるならば、本社配属の可能性もあります。

大手証券会社、外資系証券会社であれば、海外支店への配属もありますが、やはり英語力が判断基準となる傾向があります。国内で業績を残していたとしても、英語力がなければ海外で同程度の業績を残すことはできないでしょう。外資系証券会社での業務内容は、ほとんど全てに英語が必要とされます。社内での連絡や会議、資料作成なども英語であるため、ビジネスレベルの英語力が必要とされます。

また公募制度も採用されているため、自分の希望を提出し続けることも必要です。すぐに希望通りに転勤できるとは限りませんが、全く希望を出さない事に比べると確率は高くなります。支店長や副支店長との面談、本社の人事部との面談を通して直接希望を伝える機会もあるかもしれません。

このように、証券会社では基本的に自分が望んでいても望まなくても、転職はあります。どうしても転職をしたくない場合には、総合職から地域型社員やコミッション型社員に転向することも一つの方法です。ある程度は、本人の希望を伝える事もできるため、転勤を避けたい場合には、まず人事部に相談してみましょう。

証券会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 証券会社転職サイトランキング【※狙え高収入の転職!】 All Rights Reserved.