証券会社の転職と志望動機

証券会社求人TOP >> 証券会社の転職の基礎 >> 証券会社の転職と志望動機

証券会社の転職と志望動機

証券会社とは有価証券の売買の取次や引き受けなどを行う企業を指しています。委託販売業務、自己売買業務など証券会社での業務内容は多岐に渡りますが、どの職種でも深い専門知識が必要とされます。経済情報や国際情勢などにも左右される業界であるため、常に情報を収集する必要があります。離職率が比較的高い業種でもありますが、外資系証券会社や専門職などに就くことができれば、年収は1000万円以上、業績や成績次第では2000万円以上も可能という高年収可能な業種でもあるため、求人に対する転職希望者が多いのも特徴となっています。

証券業界への転職の際の志望動機で重要なポイントは、業界の動向や現状を徹底的に調査・研究し、自分自身が証券業界を志す動機とリンクさせることでしょう。「経済が好きだから」「証券会社に興味があったから」では、志望動機としては魅力的ではないでしょう。数ある業種の中からなぜ証券業界を選んだのか、なぜ興味があったのか、そして証券業界の中で多くある会社の中からなぜ貴社へ応募したのか、という部分を明確に伝えることが必要でしょう。上場企業であれば有価証券報告書がありますし、非上場企業であれば上場企業のレポートなどを参考にして企業調査を行い、志望動機に反映させることができます。

志望動機を書く際には、決まりきったフレーズや言い回しを使うのではなく、自分の言葉で自分の気持ちを表現することが大切です。まず証券業界を希望するきっかけを書きましょう。誰にでも証券業界に興味を示すきっかけがあります。そして自分にとって応募企業が魅力的に感じる理由や響いたポイントを書きましょう。経営理念や方針などに共感できる部分があれば、そうした点をピックアップすることも効果的です。今後の証券業界で挑戦したいことを伝えましょう。同業種からの転職であれば、前職ではできなかったものの、自分が目標としている事や将来のビジョンを挙げることもできるでしょう。

証券会社で活躍し続けるためには、純粋にお金が好きで稼ぐことを楽しいと思える必要があります。また専門的な知識を探求し、得た知識を柔軟に活用する力も必要とされます。中途採用では、研修のためにかかる時間やコストを削減するためにも、即戦力となる人材を企業は欲します。転職することで、自分が企業から何を得られるかではなく、自分がこれまで積んできた知識やスキルを企業にどのように還元し、利益に貢献できるかを盛り込むことも効果的でしょう。

証券会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 証券会社転職サイトランキング【※狙え高収入の転職!】 All Rights Reserved.