証券会社の転職と面接

証券会社求人TOP >> 証券会社の転職の基礎 >> 証券会社の転職と面接

証券会社の転職と面接

証券会社への転職の場合には、筆記試験の有無は会社により異なりますが、面接試験はほぼすべての会社でおこなわれています。とりわけ営業部などに配属される場合には、筆記試験の内容以上に、面接試験が重視される傾向にあります。それとは反対に、内勤採用であれば、取得資格、単位、学位、筆記試験の結果が重視されるでしょう。

面接試験は徹底的な企業研究・調査を行っておくことで、自信を持って臨むことができるでしょう。応募した企業と自分がどのようにマッチしているのか、またなぜ証券業界を選んだのかなどは、外せないポイントと言えます。面接担当者は提出してある履歴書も参考にしながら、質問をすることもあるので、履歴書に沿って答えられるようにしておくことも大切です。

証券会社によっては、個人面接と集団面接をそれぞれ行うこともあります。集団面接の時に覚えておくべきなのは、なぜ数名の応募者をまとめて面接するのかということです。面接担当者は時間を短縮させるため、単純に応募者を比較するためだけに集団面接をする訳ではありません。集団の中でどのように協調性を示し、且つ特異性をアピールすることができるのかにも注目しています。一緒に面接している、応募者たちの名前を覚えて、質問された際には「○○さんと同じように」とか「××さんとは反対に」というように、答えることは効果があるでしょう。他の人の答えもしっかり聞いていること、名前を覚えることで周りに関心を払うことができるということもアピールすることができるからです。

個人面接の際には、ゆっくりと話し、面接担当者の目を見ながら答えるように努力しましょう。聞かれたことには、はっきりと大きな声で明確に答えることも評価につながります。自分をアピールしなければいけないという気持ちが働いて、沢山話さなければと思うかもしれませんが、面接担当者に対しては逆効果です。面接試験は会話のキャッチボールのようなものです。会話を通して相手を気持ちよくさせ、相手が話しやすい雰囲気を作る事が大切です。

証券会社でやりたい仕事内容もあるかもしれませんが、余り前職までの経歴に固執してしまうと、採用されにくい傾向もみられます。例え希望の部署で勤務することができなくても、自分の能力を精一杯活用して働くことを伝えることは大切です。証券会社の営業職は精神的・体力的にも厳しい環境で働くことが多いため、メンタル力もアピールする必要があるでしょう。

証券会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 証券会社転職サイトランキング【※狙え高収入の転職!】 All Rights Reserved.