50代での証券会社の転職例

証券会社求人TOP >> 年齢別の証券会社の転職例 >> 50代での証券会社の転職例

50代での証券会社の転職例

ネット証券会社役員からネット証券会社役員へ転職 (50代 東京都世田谷区)

ネット証券系の会社で役員を行っていたが、別のネット証券会社の知り合いの役員より、あらたな役員を探している事をきかされ、別のネット証券会社を紹介される。今の証券会社に転職をした後、主に証券管理業務やリスク管理、コンプライアンスなどの主にバック業務といわれる業務全般の管掌をしている。最近の厳しい証券会社の競争の中で、事務処理の中でどれだけコストを削減できるかを考え、部下に指導をおこない、業務の効率化を進めている。
中堅証券会社からネット証券会社へ転職(50代 東京都目黒区)

中堅証券会社支店長で長年勤務していたが、長期の入院を余儀なくされる病気になる。回復した後も今までと同じ仕事量で仕事ができなくなったという事や転勤などもできなくなったので、仕事の量を抑えられる会社へ転職を決意。東京都内で、転職先を探していた所、転職サイトを通じて、ネット証券会社へ応募、採用される。 最初は、人でが足りないコールセンターで、事務の仕事などをおこなっていたが、もともとの経験をいかして人事部での相談役や人材開発のサポート、総務の庶務などの全おあん業務をサポートしている。
外資系証券会社からネット証券会社部長へ(50代 東京都港区)

外資系証券会社のセールスを担当していたが、友人でネット証券に努めている人から仲介業の部署で部長職を探しているという事を聞いて、仕事の興味を持ったため紹介される。 面接をした後に、自分が引っ張っていく会社だと思い、転職をする。 現在では、仲介業の独立系FAなどをさがして、自分の証券会社を案内をしたり、セミナーなどを開催し、知識をふかめてもらったり、また部署の仕事の状況などを把握、管理などをおこなっている。

証券会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2017 証券会社転職サイトランキング【※狙え高収入の転職!】 All Rights Reserved.