証券会社転職サイトランキング【※狙え高収入の転職!】

証券会社に転職をお考えの方へ

証券会社の転職は、特に営業職は離職率が高く中途採用の門戸が広いと言われています。他業種からとなると営業職であっても少しハードルが上がりますが、今までの経験を活かして活躍することは十分可能です。

もしまだ具体的に転職先企業が絞りきれていないなら、一度転職サイトに相談してみましょう!マイナビエージェントには証券会社の有料求人も豊富に揃っていますので転職の参考になるはずです。

証券会社の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



ビズリーチ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細



証券会社の転職動向

証券会社の離職率は、一般より高い傾向にあります。大体3〜4年半で人が入れ替わると いわれ、転職率が高く、中途採用が多いのが特徴です。離職率が高いのは、やはり営業という所でのプレッシャーなどがあり、なかなか続かないという所が原因のようです。今回はそれぞれの転職の立場から転職動向をみてみました。

「他業種からの転職」

証券業界は、独特で昔はあまり他業種からの転職はなかったのですが、最近は増えています。特に対面営業で証券の営業マンからネットが、証券の主体になり始めたという事、ここ最近の政府の金融にたいする規制関連などで、複雑な金融商品に対応するシステムの構築が必要になってきたという事、ネット証券が台頭してきたため、ネットマーケティングに精通している人というのが特に注目されてきています。その為、システム系やマーケティングでは、異業種であっても専門的な知識が活かせるようです。しかし、金融の知識が必要になる為、やはり、システム系だと銀行やノンバンク系、携帯等何かしら金融事業に携わっている方が有利になりますし、金融知識がないと転職してからが大変なようで、ついていけずすぐに退職になってしまう事もあります。また最近は、ネットでの取引が増えた事、NISA口座などの新しい制度が始まった為、コールセンターなどで対応する人が必要になっており、こちらもニーズが求められています。

「業界内から業界内への転職」

これはもう頻繁に行われている事です。狭い業界内なので、転職しても、転職先に前の証券会社で一緒に働いていた人がいたとか、前の会社の同僚は、転職先の会社の人だったなどはよくある話です。極端な例だと、ライバル会社などに転職している例もありました。 頻繁に業界内での転職が多い為、上司に呼ばれて一緒に転職した人や知人の紹介で転職する人等、管理職などは多い傾向にあるようです。また、外資系証券会社などは、人材紹介会社などを使って転職をしているようです。

「業界外への転職」

証券での営業が合わなくて、異業種に転職したりする場合もあります。営業の人は、営業の経験を活かして、違う業種営業への転職や、営業成績が良い人などは、大口顧客などを相手に金融知識を活かして、プラスアルファとして税理士やFPなどの資格を取得しコンサルタントや経営者になる方もいます。経理などは、別の業種でもつぶしがきくため、転職する場合もあります。また、株式引き受けなどを携わった方は、新規上場するための開設手続きなどの企業でその経験を活かす事ができます。どちらにしろ、異業種でも金融知識の経験を活かして転職をする事が有利になります。


Copyright (C) 2015-2016 証券会社転職サイトランキング【※狙え高収入の転職!】 All Rights Reserved.